image01
image02

「ふくしま森と木のデザイン」って、なに?

近年、SDGs(持続可能な開発目標)や脱炭素社会の実現の機運が高まっているなか、再生可能でカーボンニュートラルな森林資源の循環利用に改めて注目が集まっています。
国内では、戦後植林された森林が成熟期を迎え、豊富な木材資源がありますが、国産材の生産流通は一般に多段階で複雑な構造のため、しばしば需要と供給のミスマッチや、流通段階での無駄が発生します。このことで、川下の情報や資金が川上まで届かず、結果的に林業経営の意欲低下、資源の循環利用に必要な伐採後の再造林がなされないといった問題が発生しています。
当フォーラムでは、これまで点と点でつながっていなかった川上・川中・川下の林業・木材に関わる人とモノの間に線を描くように結びつけることで、最終的には、「伐ったら植える」循環型の森林資源利用を実現し、福島の森林をつくりかえて(デザインして)いきたいと考えています。

基本構想を見る
News新着情報
お知らせ一覧
Pickupおすすめコンテンツ

Link関連サイト